きょうも一日が終わる

きれいなものをきれいな文章で切り取りたい。

もうちょっと頑張ってみようかな、と思えるとき

身近なひとが聞いてくれようとした時。
共感してくれなくてもいい。気にかけてくれたというのが大事。身近な人というのも大事。遠くのひとの共感も時には救いになるけれど。
自分の価値観が気持ちよく転換しそうな時。
自分の考えが絶対だと思っていると努力しようがなくて袋小路。


例えばこのブログをこのタイミングで読めたことは幸せなのだなぁと思う。


http://nao-taka.hatenablog.com/entry/2017/07/12/225653

この4カ月で感じたことのひとつは、(もうずっと知っていたけれど)一人一人に関わることの不可能さとどん詰まり感。
もちろんケースバイケースだけれど、一人をじっくり見たときの閉塞感。
集団がなんとなく解決してくれることの多さ。


まだ学ぶことがある、と思えた1日の記録。

広告を非表示にする