読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうも一日が終わる

きれいなものをきれいな文章で切り取りたい。

スマイレージ/アンジュルムの中のつんく

www.youtube.com

とっくに始まってる
恋なら始まってる
私もどうなるか
わかんないもん
『恋ならとっくに始まってる』



女の子はアインシュタインなんか知らなくていい?/秋元康という作詞家の本質|函南発「原発なくそう ミツバチの会」 ノブクンのつぶやき
女性をバカにしたようなHKT48の歌詞の替え歌を女子大生が作った、という記事です。
秋元康の歌詞は本当に女性蔑視なのか、女子大生の替え歌は如何などの問題は置いておくことにして、つんく♂の描くスマイレージ/アンジュルムの曲の女の子について書きます。
(今日はアンジュルムホールツアー「九位一体」の三郷公演です!)


2014年12月の改名でスマイレージからアンジュルムになってからの初つんく♂が作詞作曲した「恋ならとっくに始まってる」が先日リリースされました。
アンジュルムに改名後、「這い上がり系」などと呼ばれる強い曲のリリースが続いている中、「恋ならとっくに始まってる」は久しぶりの恋愛の曲であり、珍しくウェットな曲となっています。
曲の主人公は自信のない女の子、告白されてもやっぱり不安で、でももう止められない恋心を自覚している。
一見弱々しいようで、やはりつんく♂の詞らしい意志の強い女の子が描かれています。
歌詞の「恋」を「夢」に変えると卒業する田村芽実さんの心中を表している、とリーダーの和田彩花さんも言及していました。


今、わたしも書いたばかりなのですが、つんく♂の詞に描かれる女性は強い、とか、等身大の姿だとよく言われます。(それは秋元康の詞との比較からの発言なのかもしれません)
確かに、ハロープロジェクトにそういった曲は多いのかもしれません。
ですが私がスマイレージ/アンジュルムの曲に感じる女性像はどちらかというと「明るくて」「かわいい」女の子です。


言っていることは確かにかっこいいんです。
「恋ならとっくに始まってる」の女の子も、「もう止めたり出来ない」と現状の恋心をきちんと認識します。
でも可愛らしいのが、その強い気持ちを「私もどうなるかわかんないもん」とちょっと女の子らしい口調で濁してみせるんです。
ガンガン強気だけどやっぱりちょっと引く、そんな女の子がアンジュルム/スマイレージには多いのかなぁと思いますね。

みっともないって
みんな言うけど
だって 仕方ないもん
だって 好きなんだもん
連絡来るまで
じっと待つ身のブギートレイン
『ブギートレイン'11』

好きだ好きだって言うわりにメールは受け身だったり、

そんじょそこらの 女じゃないわ
私の愛を軽く見るな
ちょっとやそっとじゃ へこたれない
浮気するなら かっこよくどうぞ
いざという時が勝負なんだから
今夜あたりはゆっくりおやすみ
『私、ちょいとカワイイ裏番長』

もっとちゃんとしろ!って男の子にハッパかけるけど、「今日はいっか」と引いてみたり。

落ち込んでちゃいられない
即効 私は立ちあGirl Oh Yeah!
こんなとこで負けなんて 認めない
タチアガール

卒業する田村芽実さんたち2期のデビュー曲である「タチアガール」の女の子はへこたれない元気な性格ですが、

最近の幸せ
仲間と行った
中華食べ放題
なんですがなにか?

なんて言っちゃう可愛らしさもあります。


そしてもっと素敵なのが、この「可愛らしさ」が日常に幸せを見つけることから来ていること。
タチアガール」の女の子は進路で悩んだり、他人がよく見えたり、中学生(高校生?)らしい大変な日々だけれど、「仲間と行った中華食べ放題」を幸せと言い切って「なにか?」とむくんでみせるところが可愛さであり明るさであり強さです。
つんく♂の描くスマイレージの曲には、こういうちっちゃな幸せが多い。

夢がいつか
叶いますように
流れ星ないけど
3つ数えた
『シューティングスター』

見えない流れ星を数えてみるとか。

うれしかったな 風邪で休んだ
その夜 現状うかがうメール来た
『自転車チリリン』

片思いのクラスメイトのメールを懐かしむとか。

夕方からは 最近推しの
バンドのライブ行って自己陶酔
ここ最近の溜まったストレス
吐き出しておくわ
『エイティーンエモーション』

ライブに行って叫んでみたり。

「君のよさがわかんない
なんて超おわってる」
勝手に怒ってる
笑っちゃう!

失恋しても幼馴染とケーキを食べてたら笑っちゃう。


大変なことはもちろんあるけど、でも人生って楽しいね〜。そういう可愛らしさが、アンジュルム/スマイレージつんく♂曲のひとつの特徴なのかなぁと思うのです。
アンジュルムの「這い上がり系」、ガンガン行こうぜ!って曲ももちろん好きだけれど、つんく♂曲の可愛さもやっぱり大好き。
そしてアンジュルムのメンバーの声と雰囲気は、そんな可愛らしさにうまく合うのだなぁと思います。